Skip to content
行政ホームページへ モバイル 携帯へURLを送る こちらのサイトは過去の情報(震災以前)となります

飯舘村観光情報

Sections
You are here: Home » 新着情報 » 過去の情報 » 作見の井戸の水位について

作見の井戸の水位について

◆お問合わせ先/産業振興課農政係(電話:0244-42-1621)

 

平成23年の水深は、1.69m(5.5尺)です。(平成23年1月6日測定)

 

 深谷地区にその年の作柄を見る「作見の井戸」があります。
 井戸の上には観音様があって、この作見の井戸は観音様の井戸と伝えられています。

 古来、寒の節の水量でその年の米の豊凶がわかるとされており、水深2.25mを境に、 それ以上を豊作、それ以下は不作といわれています。

 

作見の井戸
作見の井戸

   作見の井戸(遠景)  
           作見の井戸(遠景) 
     

井戸の案内

                     井戸の案内                       

 

深さ

3.60米

井戸底

自然石を刳って造る

水源

東側両脇より湧水

豊凶占い時

寒の節

 

水位

2.25米位が平年作
2.20米以下は不作
2.30米以上は良作
満水時は大豊作

昭和55年庚申年10月  作見の井戸保存会 

●作見の井戸の推移

年号

水深
(m)

作 柄  
(数値置換)

水深
(尺)

作 況 
(豊作度)

単収
(㎏/10a)

単収
(俵/10a)

特記事項

平成12 3.4 2.5 11.2 やや良 493 8.2  
平成13 2.34 2.5 7.7 やや良 450 7.5  
平成14 1.79 2 5.9 普通 480 8.0  
平成15 1.62 1 5.3 極不良 255 4.3 冷害
平成16 2.38 3 7.9 506 8.4  
平成17 1.88 1.5 6.2 不良 483 8.1 カメムシ被害
平成18 2.5 2 8.3 普通 465 7.8 収穫量は平年並みだが、カメムシによる品質低下・一部いもち病被害
平成19 3.6 3 満水 475 7.9 井戸の水溢れ流れていた カメムシ被害は減少 いもち病極小
平成20 3.6 2 満水 普通 465 7.8 井戸の水溢れ流れていた
平成21 2.88 2 9.5 普通 484 8.1 夏場の天候不順により生育がやや遅れた(やや不良とも見れる)
平成22 1.68 2.5 5.5 やや良   カメムシ被害
平成23 1.69   5.5        

※単収については福島農政事務所調べのデータ